何で喋ってしまう(雑談)のかを考える。

私は喋りたいわけでもないのに

自分のことに没頭したい、集中したい

なのに、周りを気にして雑談してしまうことがよくあります。

 

喋りながら、私は何やってるんだろうとよく思います。

どっちでもいいようなことを何でこんなにペラペラ喋っているんだろう、と。

 

喋った後でどっと疲れたり、自己嫌悪に陥るのに、何で喋ってしまうんだろう。

 

話をすることは嫌いではありません。

雑談も嫌いではありません。

というよりも、話を聞いてほしいという欲求が強いんだと思います。

 

小さい頃に話を聞いてもらえなかったから

いまだに引きずっているんですね。

些細なことでも、バカバカしい話でも、聞いてほしい。

自分の気持ちを理解してほしい。

 

そこが満たされていないから、他人に「聞いて聞いて、分かって分かって」と求めるんでしょうね。

 

ここでも思うのですが

聞いてほしい、分かってほしいと他人に求めることが良い悪いは置いておいて

聞いてもらえなくて寂しかった

分かってもらえなくて(分かろうとしてもらえなくて)悲しかった

という気持ちに気付くことが先だなと。

 

自分の気持ちに意識を向けると

必死で喋ることも少しは減るかな…。