やり方を変えても変えなくてもエネルギーは使うのです。

前回の記事に

田んぼの畦畔に防草シートという義弟の提案

でも両親はやり方を変えようとしないということを少し書きました。

 

ena-ena.hatenablog.com

 

今までのやり方を変えようとすると

エネルギーがいります。

 

エネルギーはいるけども

 

ここでエネルギーを使って変えて

変えた後エネルギーをあまり使わずに済むか

 

ここでエネルギーを使わないけど

後々ずっと今までのやり方にエネルギーを使うのか

 

この違いであって

変えなくてもエネルギーは使うと思うのですが…。

 

今回の場合だと

防草シートを敷く

→シート選びやメリット・デメリットの把握などの事前調査

 シートを敷くこと、感情の部分ではご近所に色々言われることに

 エネルギーがいります。

 

敷いた後もご近所には言われるでしょうが(いい気はしませんが)

草刈りに費やす労力は格段に減ります。

 

 

今までのやり方のまま

→ずっと草刈りに労力を費やす

 

長期的に見るとシート敷こうよ…。

 

 

うちの両親は頑なに変化を拒む気がします。

年をとるとそうなりがちなのでしょうか。

 

結局、効率や合理性を無視して根性論でやってきて変えようとしないからというのも

若い人が手伝いたがらない理由の一つじゃないのかなと思います。

 

f:id:ena-ena:20170506230706j:image

 

全てを合理的に、効率的に、無駄を一切排除して機械的になれと言っているわけではありません。

 

効率的にした方がいい部分や、根性論だけでやってきた部分は変えていった方がいいなと思うのです。

 

f:id:ena-ena:20170506230736j:image

 

また、改善していって若い人がUターンで帰ってきて積極的に手伝ったり、後を継いでいる農家さんもありますしね。

 

ちょっと話がそれました。防草シートの話に戻ります。

 

防草シートも万能ではなく

耐用年数の問題やメンテナス

耐用年数を過ぎた後の廃棄や敷き直しなどの問題もあるようなので

メリット、デメリットをきちんと把握して

納得したうえで敷く必要があります。

 

野芝なども調べ中です。