すごい、よく落ちる!何でもっと早く使わなかったんだろう。洗濯板を買った。

部分洗いのために洗濯板を買いました。

今までは石けんをつけて手でゴシゴシ洗っていました。

時々利用している通販のカタログに洗濯板が掲載されていたのがきっかけです。

 

ネットで「洗濯板」で検索すると、意外にも愛用している人が多くびっくり。

 

私が買ったのはプラスチック製の少し小ぶりなものです。

f:id:ena-ena:20171022165618j:image

靴下を濡らして石けんをつけ、洗濯板でゴシゴシこする…

 

楽に汚れが落ちる!!

自分が想像していたのは

しっかり洗濯板に体重をかけて、思いっきりゴシゴシ洗うという感じだったのですが

少し力を入れて洗うのでしっかり汚れが浮いてきます。

 

今さら洗濯板?とあなどるなかれ。

これ一枚持っていたら手洗いや部分洗いがとても楽になります。

汚れがよく落ちるので、部分洗いが楽しくもなります。

 

もっと早く使えばよかった。

何で喋ってしまう(雑談)のかを考える。

私は喋りたいわけでもないのに

自分のことに没頭したい、集中したい

なのに、周りを気にして雑談してしまうことがよくあります。

 

喋りながら、私は何やってるんだろうとよく思います。

どっちでもいいようなことを何でこんなにペラペラ喋っているんだろう、と。

 

喋った後でどっと疲れたり、自己嫌悪に陥るのに、何で喋ってしまうんだろう。

 

話をすることは嫌いではありません。

雑談も嫌いではありません。

というよりも、話を聞いてほしいという欲求が強いんだと思います。

 

小さい頃に話を聞いてもらえなかったから

いまだに引きずっているんですね。

些細なことでも、バカバカしい話でも、聞いてほしい。

自分の気持ちを理解してほしい。

 

そこが満たされていないから、他人に「聞いて聞いて、分かって分かって」と求めるんでしょうね。

 

ここでも思うのですが

聞いてほしい、分かってほしいと他人に求めることが良い悪いは置いておいて

聞いてもらえなくて寂しかった

分かってもらえなくて(分かろうとしてもらえなくて)悲しかった

という気持ちに気付くことが先だなと。

 

自分の気持ちに意識を向けると

必死で喋ることも少しは減るかな…。

色々気になる、喫茶店にて。

席数の少ないこじんまりした喫茶店にて。

 

f:id:ena-ena:20171009224409j:image

 

 本を読みながら少しゆっくりしたいのに

色々気になってしまいます( ;∀;)

 

お客さんが出入りする時の、店員さんの挨拶にいちいち反応してしまいます。

「いらっしゃいませ」「ありがとうごさいました」

それだけなのに、いちいち反応してしまう。

 

店員さんは丁寧な応対だけど、みんな笑顔がないのが「何でだろう」と気になる。

そういう社風ならぬ店風なのか、あえてそういう風にしているのか…。

何でみんな一律に笑顔がない丁寧な応対なんだろう…と気になります。

 

本を読んで少しゆっくりしたいけど、席数が少ないから食べたら早々に出なければ…

 

ああっ、夫はもう食べてしまっている、コーヒーも飲んでしまっている!

早く食べなきゃ、コーヒーも早く飲まなきゃ…

 

夫は「自分のペースで食べなよ」と言ってくれているのに焦ってしまう。

 

隣に座った人が、片付けをしている店員さんに「注文お願いします」の声かけもなくいきなり注文をしだして、私は関係ないのに一人で勝手にハラハラ…。

 

 

こうやって書き出してみると、食べている時も食べることに全然集中していないことが分かります( ;∀;)

 

カフェや喫茶店に行くのは好きです。

が、色々気にしてしまって食べてコーヒー飲んでという自分のことに集中できないことがよくあります。

 

周りを気にせずに(自分勝手に好き勝手に振る舞うということではなく)コーヒー飲むことに集中したい…。

 

無理矢理集中するのでなく

自然とコーヒーを飲むことに没頭したいという感じです。

他の人の話し声が気になって仕方ない…。

カフェや喫茶店に行くのが好きです。

チェーン店もよく行きます。

 

個人のこじんまりしたお店の良さ

チェーン店の良さ

それぞれあります。

 

どちらの場合も辛いのが、他のお客さんの話し声がどうしても気になってしまうこと。

近くの席に賑やかなお客さんがいると、落ち着かない。

会話の内容が気になるわけではありません。

話し声が気になります。

 

必ずそうなるわけではありませんが、なることが多いです。

 

ただコーヒーを飲みながら本を読む

それに集中できない。

本は2ページ目どころか2行目まで読み進めることができません。1行目を何度もフワフワ読んで…いや、ただ眺めているだけですね。

コーヒーを飲むだけでも、話し声が気になって落ち着かないのです。

 

イヤホンをして大きめの音量で音楽を聴きながらでも音と音の隙間で話し声を拾ってしまい、気が滅入ります。

 

また、好きな音楽でも音量を上げると耳が辛くなります。

 

音量を下げると音楽に混ざって話し声が聞こえる。

上げると耳が辛いし音と音の間で話し声を拾ってしまう。

 

どうしたらいいんだ…囧rz

という感じによくなります。

 

自分の問題と分かっているつもりでも

心の中で怒りがわいてきて、心の中で他人を責めてしまいます。

 

あんた達のせいで落ち着いてコーヒーも飲めない!!と…。

 

こういう時って、くだらないプライドというか一人で勝手にムキになって

あの賑やかな人達より先に席を立つものか!!と思ってしまうのです。

 

こうやって文章にすると本当に恥ずかしい…(ノ_<)

 

こういう場合は、せっかく来たけど、コーヒー飲んだら早めにお店を出るのがいいですね。

いる間はずっと話し声が気になるわけですから。

本当にくだらないことでムキになってイライラするよりいいです。

わいてくる自分勝手な怒りと気付かなければならなかったこと。

 

 

HSPの方が書いているエッセイを読んだのですが

 

 

f:id:ena-ena:20170830221743j:image

私はこの著者さんのように穏やかで良心的ではない…。

 

私は気持ちに余裕がないと、攻撃的になってしまいます。

 

キーボードの音が気になります。

独り言が気になります。

色んな音や声が気になります。

 

気になりだすと、だんだん怒りがわいてきます。

 

恥ずかしい限りなんですが

 

「あの人のせいで私は集中できない!」

 

という怒りが大半なのです。

 

静かにタイピングできないあの人のせいだ

ずっと独り言を言ってるあの人のせいだ…

そのせいで私は集中できない…

 

自分のことに集中できない歯がゆさもありますが

集中できないのはあの人のせいだ!と心の中で他人を責めています。

多分、時として態度に出てしまっていると思います。

 

怒りの感情を自分の中でうまく処理できなくてイライラ…。

 

f:id:ena-ena:20170507133236j:plain

 

このイライラも、感情をうまく処理できない歯がゆさよりも他人を責めていることの方が多いです。

 

本当に自分勝手ですね。

 

なのに、自分勝手に他人を責めて

自分の中で感情をうまく処理できていないということに気付いていませんでした。

そして、自分勝手だという自覚も、攻撃的になっている自覚もありませんでした。

 

あああ…恥ずかしい…(ノ_<)

 

感情を受け入れるよりも、私がまず気付かなければならなかったのは

他人のせいにして、他人を責めて、攻撃的な感情になっているということ。

 

まずそのことに気付いて、それを認めることからだなと思ったのでした。

有給休暇を下さい、その一言を言うだけでヘトヘトになる私。

自分はHSPという気質かも?

ということに気付いて、何冊かHSPについての本を読みました。

まずは分かりやすくエッセイ的なものから。

 

今まで気付いてなかった(自覚がなかった)だけで

周りの人にとっては何でもないことなのに

私はヘトヘトになっていました。

 

今回は、有給休暇の取得について書きます。

 

私の実家は農家です。

稲刈りが平日だと、私や妹が有給休暇を取って手伝います。

 

両親もできるだけ土曜、日曜でと段取りをしてくれますが、お天気にも左右されるので、こればっかりはどうにもなりません。

 

私は毎年稲刈りの時期になると、天気予報といつまでもにらめっこ。

朝見て、お昼休みに何度も見て、家に帰ってからも何度も見て。

 

どうか土日に当たりますように、雨が降りませんように。

 

なぜなら、「有給休暇を下さいとい」というたった一言を言うのに

何度も何度も頭の中でシミュレーションしてヘトヘトになるからです。

 

「はぁ?稲刈りで休みだと?これだから家が農家の社員は嫌なんだ」

と言われた時にはどうしよう…。

こう言われるのがとても怖いのです。

実際私が勤めている会社の経営者は実家が農家、家が農家の社員を良く思っていません。理由は、田植えや稲刈りで休みをくれと言うから。

 

こう言われたらどうしよう…。

 

言われた時に自分が感じる恐怖(というと大げさですが)と、萎縮する感覚を想像してしまい、肩がこわばり、首がパンパンになり、疲れます。

 

それでも、カントリーエレベーターの荷受け日もあるわけで、嫌味を言われようとも休みをもらわなければどうにもならないのです。

 

夫も「カントリーの荷受け日は決まってるんでしょ。休みをもらわなければどうにもならないんだから、普通に休み下さいって言う、ただそれだけでしょ?何でそんなに思い悩むの?」

と言います。

 

夫の言うことは正しいと思います。

 

分かっていても、どういう言い回しをしようか、何て言われるだろう、こう言われたらどう返したらいいだろう…

とにかくぐるぐるいつまでも考えてしまいます。

 

そしてヘトヘトになります。

f:id:ena-ena:20170521203930p:plain

とことんまで思い悩まなければ

「えいっ!とにかく言おう!」となれないのです。

 

以前勤めていた会社は人数も多く、上司も兼業農家という人も何人もいて

田植えや稲刈りで休みは取りやすかったです。

 

今勤めている会社は零細企業で、権限は経営者にあり、その経営者が農繁休暇に対して否定的な考えなので、とても言いにくい。

 

言いにくかろうとも、休みをもらわなければどうにもならないんだから、割り切って言う。

 

たったそれだけのことがなかなかできなくて、ヘトヘトになってしまいます。

 

こうやってあらためて文章に書くと、些細なことでいかにヘトヘトになっているのかよく分かります…。

HSP

お盆休みに買った本です。

 

f:id:ena-ena:20170816131159j:image

 

HSPという気質の人に向けた本です。

 

買った時点ではHSPという言葉も知りませんでした。

目次を見て、私にも当てはまることがいくつかあるなというぐらいの気持ちで買ったのですが。

読むと、ほとんどに当てはまりました。

 

隣の席の人のキーボードの音が気になって気が狂いそうになるのも

デスクワークなのに毎日ヘトヘトになるのも

誰かが喧嘩腰になって話をしていると逃げ出したくなるのも

この気質だったからか…と妙に納得がいきました。